Archive for 2013年3月28日

そんな子に育てた覚えはありません

 

バヤリースのチロルチョコ

まじ美味しいんですけどもー

 

僕が育てているアスパラガス、このブログと大体同時期に育て始めているので、もう6年以上経ってますが、まだまだ元気です。

いつになったら食べるとこが育ってくるのだろう、と思い続けてはや6年。もうそろそろだと思いますね。

 

ところでアスパラガスって茎の部分に棘なんてあったのですか?

水やりながら「また長く育ってきたなぁ、そろそろ鉢を変えないと」と触っていたら親指に激痛が走りまして。

バラの棘そっくりの棘がいつの間にか・・・そんなアグレッシブな植物だったなんて・・・

IMG_1927

4月中旬にショップ再開できそうです。

前のショップに加えて、M-MAPの中にWordpressでショップを作って試運転してみようと思っとります。いずれはブログとショップと本家全部を統合できれば良いなぁなんて考えているので、上手く機能するかどうかのテストですね。

埃の溜まっていないPC内部って素敵やん?

 

たまに、夜中に突然マジックのアイディア(タネとか見せ方とか)が閃いて、それを出来るだけ簡素な言葉でメモをしておいたのに、時間が経って読むと何書いてあるかぜんぜん分からないメモシリーズ。

 

「ハンカチとカード(ハム)」

・・・ハム?

「カッチカチのハンカチ棒」

そういえば、カッチカチやぞ!の人、顔は思い出せるけどコンビ名が思い出せないよね。

「トランプタワーは指で押すと崩れる」

・・・そうだね。

「おとーり」

これ確か沖縄の方から教えてもらった風習で(お酒いっぱい飲む)、なぜマジックメモに書いてあるのかが不明。

「チョコレートボンボンの食べ方作法」

意外とあったりして。

 

う~ん、きっと僕が夜中に突然閃いたということは大変素晴らしいネタであることは間違いないですから、これを忘れてしまったことはマジック界にとって重大な損失であるに違いありません。

ごめんね!!

 

ちょっと前からチマチマ買っていたパソコンのパーツが先日大体揃ったので、ケースを買って組んでみました。

すごく久しぶりにパソコン組んだのでなんだかワクワクしました。あの「スペック高いはずなのになぜモッサリしてるんだ・・・」とか、「新しいパーツより古いほうが安定してる・・・」みたいな「あるある」を超えて、今新しいPCでこれを買いてまする。

グラフィックボードがさ、前のよりVRAM2倍のを挿したんだけど、何故か前のほうがスムーズなのよね。そういうことって、あるよね。あるけど、あっちゃだめだよね。どうすんのこのグラボ。

IMG_1921

相変わらず時代の3歩くらい後ろを歩いているようなマシンになりました。
というか最近はメモリがめちゃくちゃ安くなったせいか分かりませんが(ちょっと前は1G増やすのに1万くらいしたのにね)、ハイスペックを謳うマシンの中身を見ると「・・・何か特殊な処理をするための業務用かしら」くらいに思えますね。

今回はOSをWindows8にするか悩んだのですが、前と勝手が違うのはやはり嫌なので(そんなに変わらないという話も聞きますが)64bitの7にしました。

見えない所で

 

新しく買ったプリンター

音がデカイ

何年も前のプリンターよりウルサイってのはどゆことー

意外と進化していないのかなぁ。

 

このブログはWordpressというソフトをサーバーに設置して動かしているのですが、Wordpressを動かすにはサーバーのデータベースと連動させる必要があります。このデータベースというのは僕もちょっとよくわかってないのですが、いろんなデータを蓄積して利用しやすくするためのモノ、のようです。

例えばこのブログの記事やコメントなど日々更新されるデータが蓄積されていく感じ?
mySQLを使って管理していますが、Wordpressのプラグインを使って簡単な操作をすることも出来ます。

で、

僕が借りているサーバーではこのデータベースに使える容量が100MBまでなんですね。
借りているサーバー容量とは別に、データーベース専用の使える容量が100MBまで、ということ。
これが多いか少ないかはちょっと分からないのですけど、あすぱらの記事数が今1,100個くらい、使っている容量が9MB程度なので、あと10倍くらいは使えます。
多分、ショップを持ってくると(ショップはこっちと無関係)一気に増えてしまうかもしれませんが、今のところ何も問題は無かったんですね。

ところが先日サーバーの管理画面を見るとデーターベース使用容量が109MBになっており、9MBのオーバーでした。
んで、サーバー側から「このままだと利用停止にしちゃうからね」とのメッセージが。

一体100MBも何に使ってるんだ?と調べたところ、犯人は「Statpress」という、WordPressのアクセス解析プラグインでした。

そういえば一度入れてから殆どアクセス解析は見ていなかったんですが、そのログか何かが100MBも溜まっていたんですね。ただのテキストで100MBて。

で、犯人を削除して、ついでに必要なかろうと思うデータをちまちま削除してたら・・・

M-MAP本家が消えちった☆

何か致命的な何かを消してしまったようで、ただいま改装工事中でござい。

一応バックアップは取ってあるんですけどデータベースを弄るのはよく分からなくて難しいので新しくしてます。ちょっとロゴを大きくしました。改装する度に大きくしていって最終的には画面表示が「M-」でいっぱいになるくらいにしてやろうと思っとります。

IMG_2843

見えない所で色々と複雑に動いているようで。普段見ないし触らない部分だから気にかけませんけど、そこをどうにかしないといけない場合は困りモノ。

そういえばガリガリ君のコンポタ味がまた出るそうですね。あれって妙に人気あったみたいですけどそんなに美味しかったかな・・・?

ドミノ・ピザとジャックとSWEシフトと

 

おしさし、おし、おしさ

おひさしぶりです。

 

文章で噛みを表現するのはなかなか難しいなぁ。

 

久しぶりのブログで色々と書きたいことが溜まっていて、もう僕が借りているサーバー容量がテキストで足りなくなっちゃうくらいなんですよね。

例えば、そうだなー、家の前のコンビニが潰れてドミノピザになりました。

あとは特に無いかな。

 

 

 

 

「アクロバティックジャック」

カードマジックの本を読んでいて「」としたり「」としたものをピックアップして何か色々書くっていうコーナーです。お久しぶりです!

カードマジックの歴史におけるアードネスの名著「The Expert at The Card Table」は100年くらい前に書かれたものですが、今でも読み込めるほどその内容は充実しています。
今では読みやい文章で絵や写真も沢山載っている解説書は沢山出ていますが、いまだにこの本に魅力を感じるのはさすがにバイブルと言われるだけあるなぁ、と思います。

この本には第三部に奇術もいくつか解説されているのですが、やはりそこは100年前、今の演出とは程遠く、また目的に対して使う技法も今の考え方とは根本的に違います。
観客の選んだカードを混ぜる時、「パスしてトップに持ってきてパームしてデックを渡してシャフルさせる」みたいな事を普通に要求していますが、今だとよっぽどのテクニック変態じゃないとそういうことはしませんからね。直線距離に思えて結構回り道している感じだし。

ただ、アードネスが解説している柱はカードギャンブルのテクニックですから、それらを応用した奇術ということで、奇術家の考え方とはそもそもが異なっていたのかもしれません。

その当時の奇術家はもしかすると同じ現象でも違う方法を採ったかもしれませんからね。ちなみにここに解説されている現象はいくつも現代風にアレンジされて一級のマジックとして演じられています。

さてさて、そんな奇術の部に紹介されているうちの1つが、今日の話題「アクロバティックジャック」です。

日本語版の原文では

「ジャックをトップとボトムと中央に置き、並外れたやり方で次々と位置を変える」

とありますが、もうちょっと詳しく書きますと以下のような現象になります。

 

1.ジャック4枚を取り出して赤ジャックと黒ジャックをそれぞれ2人の観客に持たせる

2.赤ジャック1枚をデックのトップに、黒ジャック1枚をデックの真ん中に入れてもらうと、瞬時に入れ替わる

3.赤ジャック1枚と黒ジャック1枚をそれぞれトップとボトムに置くと瞬時に中央に集まる

4.中央に移動したジャックがそれぞれトップとボトムに戻る

5.赤ジャック2枚をトップとボトム、黒ジャック2枚を中央に差し込んでもらうと瞬時に位置が入れ替わる

6.赤ジャック2枚をトップとボトムに置いてもらい、黒ジャックを中央に入れてデックを観客に手渡す

7.観客がデックを持ったまま、ジャックが全て中央に集まる(赤ジャックが中央に移動する)

 

この現象をよく読むとパス以外の技法を使っていない事がわかると思いますが、全て原案どおりに演じようとするとかなり困難です。ちなみに最初の入れ替わりの部分では「片手シフト」を使っているのです。

このマジックをどういう場所でやれとは書いていませんが、少なくともいわゆる現代のクロースアップマジックでは果てしなく困難です。
体ごと左右の観客に向き直る動作やデックを持ったまま腕を下げられるような場所でないと無理でしょう。

となるとサロンマジックのように比較的自由に動けて観客が前方にいるシーンが思い浮かぶのですが、ではそのようなシーンで「ジャックの赤と黒の位置がデック内で入れ替わる」という現象をハッキリと伝えられるかというと、それもまた難しいと思います。

 

で、これを読んでいてスゴイなーと感じ入ったのが、その現象の構成でした。

マジシャンからするとパス一辺倒の技巧的なマジックですが、「ジャックに教えこんで曲芸をさせている」という演出と、全て違う移動の仕方を行なっている(トップと中央の入れ替え→トップボトムから中央へ→中央からトップボトムへ→トップボトムと中央2枚の入れ替え→観客の手の中で移動)ことで、観客からするとまさにジャックが縦横無尽に移動しているようなマジックになっているのですね。

パスという技術一本でマジック作れって言われてもすっごく困るけど、このマジックはそれを達成していながら、好奇心を誘うセオリー通りだんだん不可能性も増していき、ストーリーが完結している事が僕にはとても凄いことに感じられたのです。

 

現象の分類からするとデック内の移動、あるいはトランスポジションですが、観客からはデックの中をカードが移動しているように見えるでしょうから、今で言うアンビシャスカードをもっと複雑にしたような現象に見えるんじゃないでしょうかね。

このマジックを演じられるとは思いませんが、とても良い勉強になった1つなのですね。
で、もっとカジュアルな作風にして、あと使い道の全然思いつかないSWEシフトを無理やり入れたのが上の動画です。Youtubeの動画編集メニューが増えていたので何かかっこいい感じの(中央が明るくて四隅がボンヤリしてる)フィルタを付けてみました。ん~、微妙。

SWEシフトって何に使えばいいんだろう。何に使えるんだろう。

IMG_1909

いやぁ最近はあすぱら書いたり、人のブログをチェックするより先に寝ちゃうような感じで。

肩も腰もバッキバキ、寝る前のオムロン低周波治療器は手放せませんね。すげー気持ちいい。
なにあれ。単四電池2個でここまで気持ちよくなっていいの?って感じ。

運動不足ってのは分かってるんですけど、この間ジャンプしたら太ももがピキって鳴って痛くなったので、なんかもう、ね、そういうのは、ね。
そういえばパソコンでマウスをクリックする動作には大体1カロリーちょっとを消費するらしいです。マジシャンがカードマジックをする時に消費するカロリーはどれくらいなんでしょうね。ま少なくとも「運動してる」とは言えないレベルなのでしょうが。

 

あ、新しいプリンターを買いました。
以前使っていたプリンターは黒インクが出なくなってしまって、、、何年も使っていたからね。

でー、無線LAN対応でパソコンとUSBで繋がなくても印刷出来るものとか、普通にありました。
新しく買ったのもそのタイプなんですけど、今って無線LANで使用するのが普通なんですか?
別にノートパソコンから送るわけでもないので(プリンターはデスクトップの横に置いてます)USBで直接繋ごうとしたんですけど、USBケーブルは付属していないしケーブルを挿す場所も明示されていないのね。
たまーに電化製品を買い替えると最新の機能について行けません。。。

150mlの違いは意外と大きいのだ

 

WBCは取り合えず1勝ということで。取って取られてのドキドキした試合でしたね。

 

お酒を飲むと眠くなるのは、お酒の神様が

「もうそこまでにしておきなさい」

と言っているからで、これを無視して飲み続けると二日酔いになるわけですが、それはつまり神様の言うことを聞かなかった罰なんです。

 by あすぱらin年始の飲み会(らしいです)

 

だからこれを和らげるために(飲む量を減らす選択肢は無い)お酒を飲む時は必ずチェイサーを用意しなくてはなりませんね。人によってお茶だったり水だったりしますが、僕は飲むお酒によっては水にレモン垂らしたりすることがあります。好き。

でー、僕が良く買うお水はクリスタルガイザーなのです。コンビニで買ったことある人はわかると思いますが、クリスタルガイザーって500mlじゃないんですよね。650mlなんです。

いつの間にか、お値段変わらず量が増えていてお得に思っていました。

ところが先日、ドラッグストアでクリスタルガイザーが68円だったので何本も買ったのですが、ボトルを見てふと思いました。

「小さいな・・・」

容量を見ると500ml。650mlってコンビニ限定だったみたい。

150mlの違いとはいえ、通常の量である500mlがかなり小さく見えてしまうのはちょっと損した気分(この人68円で買ってます)

IMG_1884