Archive for 2009年2月25日

オススメです

リンクはやっぱり別窓で開きたいので、あのタブメニューは止めました。使い難かったですしね。その分長くなってしまったので何かよい方法はないかなぁ。
以前の記事でアンビエントをオススメしました。

Translucence/Drift Music

John Foxx & Harold Budd / Import

今日は別のアンビエントCDをご紹介します。
これもなかなか良い感じ。

Selected Ambient Works, Vol. 2

Aphex Twin / Warp

1枚目のCD、3曲目の「Rhubarb」を僕は全部聴いたことがありません。
途中で寝てしまうんです。
決して自己主張はしないで心地よく流れ続け、聴いている時は気づかないけれど聴き終わると心地よさだけ残して消えるような音楽。
「さて、音楽聴くぞ!」なんて、時間と心に余裕がないと出来ませんが、これなら流し続けているだけでしっかり聴ける。とってもリラックスできます。
聞き流す音楽、安眠作用は抜群です。オススメですよ。

僕は醤油か塩です

これまでSleipnirとIEの他にブラウザを使ったことがなかったので、他のブラウザが気になり色々と使ってみました。
FirefoxOperaChromeSafariなどなど。
ブラウザについて調べてみると、「早い」「カスタマイズ充実」「安定している」など色々な評価の仕方がありますが、中には「Operaが一番早い」「実はOperaは遅い」と異なる評価も沢山ありました。
それを見て「目玉焼きのトッピングみたいだ」と思いました。
「やっぱり醤油(Opera)だろ!」
「いや、ソース(Safari)だね」
「いやいや、塩(IE)でいいじゃない・・・」
「そこでケチャップ(Chrome)の登場ですよ!」
みたいな。結果、Operaを使っていくことにしました。確かに早いと思います。

原価は10円くらいだろうか

なんだろう、ハブがおかしいのだろうか。とっても不安定なネット回線になってしまいました。
絶対どうにかしよう。
本日は暇だったのでブログのリンクとお部屋の整理をしました。
リンクを増やしてちょっと弄って。本当は別窓でリンクしたいのですが、どうもエキサイトブログでは出来ない仕様。自分で作っておいて「これ使い難いなぁ」なんて思っています。
お部屋の掃除中こんなの見つけました。カードとカードの間に挟まっていました。トランプじゃないですよ。コインケースです。
1枚の赤いプラ版が2枚の薄いプラ版にサンドイッチされ輪ゴムで固定されています。
赤いプラ版には丸い穴が開いておりハーフダラーコインがちょうど収まります。薄いプラ版でサンドイッチするとコインケースのように中のコインを固定します。
これはコインマジックに使える道具です。買い物の足しに買ったような覚えがあります。確か1ドル。特にギミック機能は無く、なかなかシンプルでクレバーな使い方をします。
[演技例]
コインケースをよく調べてもらい、お客さんの手でコインを固定してもらいます。コインに目印のサインステッカーを貼ってもいいですね。
コインを固定したケースをハンカチの真ん中に置き、ゆっくりと包みます。
ハンカチ越しにケースを確認してもらい四隅を纏めて持ってもらいますが、なんとコインはケースとハンカチを通り抜けてしまいます。
もちろんケースは輪ゴムの掛かった状態でハンカチの中にそのまま、コインだけが抜けてしまいました。
コインをそのまま包んだ状態で消えたり通り抜けたりするのもビジュアルですが、消えた後、通り抜けた後にケースだけはそのまま残っているとなんとも不思議な感じが強まるような気がします。
プラ版と輪ゴムで自分で作れます。ホームセンターで材料を買えば多分20個くらい作れますね。安い物ですが、僕こういうシンプルなの好きです。いろいろと使い道はありそうですね。

落ち込む不具合 と WynnDeck

ここ数日、実は何度も記事を投稿してみました。
ところがエキサイト側の不具合なのか、僕のパソコンの不具合なのかわかりませんが、投稿しようとするとネットが切断されてしまい投稿されない状態だったのです。
なんだかメンドクサイ状態になってしまったと嘆いていたら急に治りました。
ネット環境がちょっとおかしくなっていたのかもしれません。
[WynnDeck +α の出品]
カードを海外から購入する時はまとめて買ったほうが一個あたりの価格で見ると大抵安くなります。というか少しだけ買うと送料と品物の価格が同じ、なんて事にもなりかねません。
そこで海外からはある程度の数をまとめて買うことにしているのですが、それだとどうしても余ります。その余った分をこれまでブログやオークションで出品してきました。
しかし、定期的に大きく出品する方法だと周りにカードが沢山積まれた状態でないと出品できず、出品できるデックがあっても体裁を整えるために一緒に出品する他のカードが貯まるまで少し待つ、という大変効率悪い出品の仕方でもあります。
そこで、今後新しいカードが手に入ったときや使用感を載せたときなど、余っているデックは適宜、記事の最後のほうに数・価格と併せて載せておきます。それらのデックはお譲りできます。探していたデックなどが記事の最後に書いてありましたら、その記事に非公開コメントで希望のカード数とメールアドレスを残すか、直接[ k_motonari@excite.co.jp ]へメールを送ってください。
カードが売り切れた場合はその都度記事に追記します。タイミング悪くメールを下さった場合は申し訳ありませんがお譲りできません。
という事で早速、WynnDeckをお探しの方どうぞ。
*JIはジャンボインデックスの事です。JIがなければ普通のインデックスです。
*すべてフィルムに包まれた新品です。
*価格は一個あたりの値段です。
*売り切れは斜線で消しておきます。
Wynn Deck Brown JI 1500円(12個)
Wynn Deck Red 600円(5個)
Wynn Deck Blue  600円(5個)

下記のデックもよろしければどうぞ。
RJRTC Bee Deck Red 2000円(1個)
RJRTC Bee Deck Blue 2000円(1個)
20年ほど前の通常のBee Back No.67 Red 500円(7個)
20年ほど前の通常のBee Back No.67 Blue 500円(7個)

 *使用感に載せたBee Back No67よりも後に生産され、今のBeeのように滑りが良くなっています。昔の紙質特有の強い弾力を持っています。Old Deckの質感を試してみたい人はこの機会にどうぞ。沢山余っています。
[追記注意]
使用感のBeeBackNo.67とは異なる質です。現代のBeeの弾力が強くなったものとお考えください。
数の制限などはありません。人気のデックは直ぐに無くなると思われますが、売り切れていない場合はいつでもお譲りできます。

店内では静かにしましょう

2日前から急に暖かくなったと思ったら今日のこの寒さ。裏切られた気分だよ!
バーにて。
 コインを一枚取り出して裏向きに置く。
A「これは ”1”」
 表向きにして
A「これで ”2”」
 テーブルで回転させながら
A「これが ”3” 。ここまでOK?」
B「・・・うん」
 コインをトスして手に取り裏向きを見せる
A「そして、これは ”1”」
 ポケットに一度入れて
A「でも、これが ”3”で、(反対のポケットに入れる)これで ”2”」
B「・・・・・・・うん」
 テーブルに放り投げて
A「じゃあ、これは?・・・・・1だよね」
 相手の手のひらに乗せて
A「でも、これで ”2”、(相手の手の上でコインをひっくり返し)そしてこれが ”3”ね」
 相手の手からコインを取ってグラスの下に置く。
A「こうすると、これは ”1”、そして(グラスをひっくり返して)これが ”3”で、(コインでグラスを叩いて鳴らす)これで ”2”」
B「・・・・・・・・・・・??」
A「ではここで問題です。君が当てたら一杯奢ろう」
 コインを左手に渡して消してみせる。
A「・・・・・・・・これは?」
B「・・・・・・・・・・・1?」
A「正解!一杯奢ろう!」

» Read more..