Archive for 2008年9月30日

マッキー

以前動画を観て、そのままCDを買うに至ったギタリストさんの動画をペタリ。
「Andy Mckee」というギタリストさんです。
Youtubeでは再生数がものすごい事になっている人物です。
澄んだメロディーでとっても素晴らしい音楽を奏でてくれます。
下の動画は僕が好きな曲。素朴なちょっと切ない感じの癒される曲です。


本屋さんで東京堂出版の「ジェイミー・イアン・スイスのクロースアップ・マジック」を立ち読みしてみました。なかなか面白そうだったのですが値段を確認した後そっと本棚に戻しました。
もうちょい、もうちょい、お安くしてほしかった・・・・・・・。
高すぎるわけではありませんが、その4000円が致命的な時も多いのです。。。。

雨の日の

寒かった!予想以上に寒かったよ!
マフラー着けようか迷って結局着けなかったのを後悔したよ!
帰り道、バスの中で雨が降る外を眺めていたらふと思い出したことがありました。
今も昔も音楽を聴くのは大好きですが、昔は演奏もしていました。
その昔、ヴァイオリンを習っていたのです。(と、書くとどっかのお坊ちゃんみたいですが、そんなことはありませんよ)あと吹奏楽部に入っていました。
今はもう楽器はできません。楽器は3日触らないと聴けない演奏になります。
管楽器も弦楽器も外部の環境による影響が音によくでます。
真夏と真冬では音が変わります。演奏者は自分の耳で微妙な音の高低を感じ取りチューニングするのです。
ヴァイオリンは木で作られていますから湿度変化の影響を結構受けてしまう楽器です。急激な湿度の変化、温度の変化によっては痛んでしまい、酷い場合にはひび割れする事もあるんです。大抵は直せますが。
湿気の多くなる時期には乾燥剤をケースに入れたり、逆に乾燥する時期には部屋に加湿器を置くなど、日頃のお手入れには何かと気を使うものです。
なかなかデリケートな楽器ですが、中には湿度の高い日のほうが良い音を出すヴァイオリンもあったり、要するにそれぞれ癖のあるものなのです。楽器というのは。
僕は雨の日にヴァイオリンを鳴らすのが好きでした。
雨の湿った匂いと、ヴァイオリンの木の匂い、それから少し湿ったような音が鳴りました。
湿気の多い日に良い音の鳴るヴァイオリンというわけではありませんでしたが、その湿った匂いの中で鳴る音が、僕は妙に好きだったのです。
・・・・と、いうのを思い出したので帰ってからヴァイオリンを少しお手入れしました。
もう弾けないけどね。また機会があれば何か楽器をやってみたいと思っています。紙製のトランプも湿気の影響を受けやすい。少しだけ質感が変わりますね。

店内では静かにしましょう

明日も寒くて雨が降るそうです。
寒いのはいいけど雨はなぁ・・・・ちょっとなぁ・・・・
バーにて
A「なぁ、カクテルグラスウィスキーグラスはどっちの方が多く入れられるかな?」
B「ウィスキーグラス(300ml)だろ、カクテルグラス(100ml未満)の3倍は入るよ」
A「じゃあ僕はウィスキーグラスに、君はカクテルグラスに水をいっぱい入れて、どっちが早く飲み干せるか、一杯賭けて勝負してみない?」
B「良いけどカクテルグラスのほうが早いに決まってるじゃないか」
A「うん、その代わりハンデとして、僕が先に飲み始める。僕がグラスを手に持つまで君はカクテルグラスに手をつけない、という条件でどうだろう」
B「OK」

» Read more..

季節の

昨夜から今朝にかけてとっても涼しくなりましたね。
今朝バイトから帰ってくるときは寒いくらいでした。
季節が移るときには気温と共に「匂い」も変わると僕は思っています。
夏の匂いとか、冬の匂いって、ありませんか?
今朝はもうすっかり「秋の匂い」でした。窓を開けながら少し眠ったら鼻が利かなくなっていました。
・・・・・・・・風邪ひいたかな。
ちょこっとリンクに追加。
それから、これまでにこのブログを通じて知り合い、沢山の方とメールのやり取りをすることができましたが、それに使うメールアドレスが複数に分かれていました。何故1つのアドレスに絞らなかったのだろう、と自分でも呆れています。
そこで、今後はエキサイト提供のメールサービスのアドレス1つを使っていこうと思います。
僕の名前( k_motonari )の後ろに[ @excite.co.jp ]をつけたものがそのままアドレスになります。使用感に載っているカードに関する疑問や「実は私もトマトが好きでして・・・」という方が居りましたらメールをくださいね。

なんだかんだで

好きになってしまったこのシリーズ。
「辛い」とか「苦い」というのは、本来なら「毒」として認識されて人間の本能が「食べちゃいけないよ!」と信号を送る味なのだそうです。
辛くてスースーする・・・・慣れると「美味しい」と感じるのは、実はオカシイことなのかなぁ、などと思ったり。