Archive for 2007年11月29日

Winged Silver

はぁぁぁぁ、今日は寒かったー。神奈川・東京では12月下旬の気温だったとか。
コインマジックに関する本を読んでいると必ず出てくる名前「David Roth」
コインの分野における彼の貢献はきっと計り知れないのでしょうね。
そんな御方による有名なコイン・アクロス。コインマジックを始めるに当たって、これは是非やってみたいな、というトリックを一つ。
「Winged Silver」
4枚のコインをよーく示し右手に握ります。
そのコインが一枚ずつ左手に見えない飛行をし、最後は4枚全て左手に移ってしまいます。
現象を文章にしてこんなに短いとは・・・・・。
カードマジックがいかに複雑な現象を見せているかよく分かります^^;
「コインマジック事典」にはDavid Rothの手順で解説が載っています。
また、二川滋夫さんによる「基礎からはじめるコインマジック」に、このマジックを簡略化したような手順が解説されています。こちらは3枚のコインで行うものです。
軸となる技法には、これまた有名なDavid Rothによる便利技法「シャトルパス」が使われていますが、「世界のコインマジック」(Richard Kaufman著 東京堂出版)には使う技法を増やし、より明確にコインの移動を見せる「High Flying Winged Silver」も解説されています。
具体的に書くと、どう見ても2枚のコインを左手に握ったのに次の瞬間3枚になっている、という感じ。僕にはとっても難しい。
「エキスパート・コイン・マジック」DVDでも解説されており、フレンチドロップさんの商品ページでデモ動画を観ることができます。綺麗ですねー、マナカ。
手荒れが酷いので手袋をしたままコインを弄っています。
カードやボールを使ったマニピュレーションの先駆けとなったカーディニも、寒い戦時中手袋を着用した状態でカードの練習をしたそうです。ホントか知りませんが。
この状態で練習しておけば、いつか手袋を着用せざるを得ない時でもマジックが出来るようになるかも・・・!!

駅前にクリスマスツリーが立ってた

「1997年」と書くと、つい最近のように感じられるのですが、実は10年前なんですよね。不思議。そんな2007年も終わりムードが漂ってきました。
「今年も色々あったなぁ・・・」なんて思い返して浮かぶ事柄、よく考えると「・・・・あれ?あの行事は去年だったかな?」なんてのもあったり。
う~ん、一年は短し。

すべるなぁ

ついこの間「日経平均が1万8千いったぞー!わーい!」と騒いでいたのに、原油やら例のローンやらで「1万5千割っちゃった・・・」だって。
まぁ、なんだろう、経済って大変だよね。
手の皮膚が荒れてきてしまってボロボロです。
毎年のことなんですが、やっぱりまたかぁ、と哀しい気持ち。
手の皮がボロボロになってしまうと手袋を着用したりして、結構大変なんです。
もちろんカードは弄れません。
コインも滑るすべる。こりゃムリだ。
もうちょっと頑張れ、皮膚よ。もうクリスマスのイルミネーションが飾られてきました。
東北では雪が積もっているとか。

こだわってこだわって

カードマジックをしていると使うカードの品質にこだわってみたり。
コインマジックに取り掛かれば使うコインもマニアックになってみたり。
何か続けていれば「こだわり」がでてくるもので。
お酒のジンも色々試してみたい今日この頃。
一番ポピュラーと思えるビーフィーター・ジンが無くなったので、今度は何か別のジンを飲んでみたい。ちなみにゴードン・ジンはあまり好きじゃないと判明済み。
そこでボンベイとタンカレー、どっちがいいかなぁ、どっちもいいなぁ、などと味の特徴なんかを読みつつ悩み。「ほどほどに」って、難しいです。

点字

ふと思ったんですけども。
手すりやエレベーターのボタンに「点字」が書いてありますよね。
そこで「ここに点字が書かれているよー」って、どうにかして知らせないと目の見えない人には「点字が書かれている」事自体が分からないですよね。
目の不自由な方に「そこに点字が書かれている」と、どうやって伝えるんだろう・・・・・。
と不思議に思ったわけでした。思っただけ。