Archive for 2007年7月29日

猛暑につき体力と気力ゼロ

なんでしょう、この暑さは。
自分の足元からムワっとくる熱気はまさにコンクリートジャングル。
そんななか参院選の投票箱の前でエアコンも効かさず座っている人たちには敬意と畏怖を感じます。僕なら倒れちゃいます。
エアコンを入れるのはあまり好きじゃないので窓を開けて風を通すのですが、その風が温かい・・・・・。
エアコンや扇風機の涼しさとは違う涼しさが日本にはありますよね。
夏になるとTVでも多く見るようになる怪談話。
怖い話を聞いて寒さを感じるのは日本人独特の感覚だそうで。
怪談は「びっくり怖い」よりも「うすら怖い」。
あの背筋がゾクっとくるのを「寒さ」「冷たさ」と感じる日本人を、僕はとても詩的な感覚を持っているように思える。
怪談話は苦手。でも情緒溢れていると思う。
怖い話を読みたい方はこのサイトなんかを見てみると怖い体験ができるかも・・・・。
注:トップページに怖い画像があるので苦手な方は止めておきましょう。結構怖いです。

Card Under The Glass

今日も暑かったー。
まだ蝉の声は聞こえてきませんが、真夏日の毎日。
熱中症には気をつけましょう。
「Card Under The Glass」
観客にカードを一枚引いてもらいます。ハートの7としましょう。
カードを戻してもらいよくシャフルしてから4つのパケットに分け、2つをひっくり返して表向きのパケットと裏向きパケットを交互に並べます。
4つのパケットを順番にリフルシャフルで混ぜてしまい表裏の混ざったデックを見せます。
お決まりのオマジナイ、指パッチンをしてカードをテーブルに広げると・・・・・・なんと!やっぱり裏表の混ざったままです。
しかしよく見ると表向きになっているのは全てハートのカード。
それもハートの7以外はA→2→3~J→Q→Kと順番通りに並んでいます。
一枚ずつ抜き出していきますが、ハートの7だけありません。
マジシャンが脇の飲み物が入ったグラスを示すとその下にハートの7が置かれているのです。
バーでマジックをされる人はかなり上手に演じているのではないでしょうか。
「グラスの下から」という条件ではバーが最適です。
「オチ」が命、というか、その部分が全てのマジックなので前半は人によって違います。
基本的にカード当てがメインでしょうけど、アンビシャスカードをする人やトライアンフの人、僕はトライアンフみたいな事をしています。
ですからマジックが始まったときに、「あ、これはカード・アンダー・ザ・グラスだな」と予測できないのでマジックをしている人間が見てもオチで楽しめるマジック。
グラスだけではなくカードケースやその他小物なら何でも使えるので是非マスターして、この「いつの間に・・・・!」的なオチで楽しませましょう。
J.C.Wagner氏のDVD「Commercial Magic」はこのマジック含めお勧めできます。
僕はグラスを使って演じる場面が滅多に無いのですが、カードケースの下から出てくるよりはグラスを使う方がカッコいいしどことなくお洒落な感じ。
ただし、グラスを使うときに気を使う点が一つだけあります。
「音」です。
グラスが置かれているシチュエーションでは普通クロースアップマットなんてありませんから、どうしても慎重になってしまいます。
良い方法を知っている方がいましたら、コッソリ教えてください。冷たいドリンク入りだとカードが濡れて・・・・・

オムニバス

「スミマセン」
「なんで謝られたのか分からない」
外国暮らしをしていた後輩君から聞いた話。
何かというと、お買い物でレジの人にお金を渡す時「あ、スミマセン」と言われたのが不思議だったそうです。
そういえば日常の会話で「スミマセン」はよく聞きます。
バイトしていると、物腰の柔らかそうなおばさんはよく言ってます。
商品カゴをレジに置くときに「スミマセン」
お釣りを渡すときに「スミマセン」
この「スミマセン」は、はっきりとした意味を持たない会話のクッションのような役割をもつもので、別に、悪いことをしたから謝る、というのではなく、どちらかというと「お手を煩わせてゴメンネ」みたいな意味合いで使われているんだよ。
と、説明してみました。
おお、その場で取り繕ったにしてはまともな回答だ・・・・。ナイス、自分。
「花火」
夏はどちらかというと好きじゃない季節。汗かくし虫がいっぱいの季節。
だけど浴衣と花火は大好きなのです。今年も横浜で花火が上がるそうで。
これまでも何回か見に行ったのですが、人が多い多い。
花火が上がると皆が上を見て「おおー」と声を上げる。
お酒片手に眺めていると「夏だなー」なんて思ったり。
「写真集」
たまたま本屋で見つけた猫の写真集。
表紙に惹かれて手に取ったら僕の足はいつの間にかレジ前へ。
値段を見ていなかったのですが、レジのお姉さんから「2100円です」と言われ「うぉ以外に高い・・・」。
お釣りと商品を手渡されて「あ、スミマセン」。でた、スミマセン。
「101匹にゃんこ」という本、今度紹介します

インターセプト

喉と目が痒くて鼻水が出ます。 この時期に花粉・・・?

さて、今日はフェザータッチさんから発売され話題になった「インターセプト」というカードトリックのご紹介。
即席で出来るカードトリックの傑作じゃないでしょうか。

「インターセプト」

デックを観客に渡しよくシャフルしてもらいます。 裏向きにスプレッドし10枚ほどのカードを観客に選んでもらいます。
フォースなどは一切使わず完全なフリーチョイスです。

観客にその10枚ほどの中から一枚を「見て覚えてもらいます」。 もし気に入ったカードが無ければもう一度10枚程度を選びなおしてもらいます。 注目すべき点は、マジシャンは抜き出してもらったカードを一切見ない点です。

カードを覚えてもらい全てのカードを戻してもらってシャフルします。

マジシャンはデックをゆっくりと広げて見せていき、覚えたカードが出てきたらそのカードを強く想ってもらいます。

「今、そのカードだ、と思いませんでしたか?」
と、その想いをキャッチしたマジシャンは続けて1,2個の質問をします。

この質問とは「赤いカードじゃないですか?」などの、簡単で、1枚のカードを特定することは出来ないような質問です。

マジシャンはカードを一枚取り出し観客に渡します。もちろんそれは覚えてもらったカードです。

フェザータッチさんの商品説明には「質問する」ことが書かれていませんが、1つか2つの質問が必要です。
タネを知る前に是非とも誰かに演じてもらうのをお勧めするマジックです。
原理は特に新しいものではなく、ヴァーノンの作品にも似たトリックがあります。

準備は一切不要で52枚揃っていないデックでも演じられます。 マスターすれば、即席で演じるのに重宝するトリックになるでしょう。 難しい技法は一切使いません。 あるシャフルが出来ればすぐに演じられますが、実際に人前で演じるにはテクニック以外の部分で練習が必要です。

「当てる」のではなく、「心を読む」という演出。このマジックには必要なのは雰囲気を本物にする演技力です。

マジシャン相手でも上手に演じれば十分「追えない」トリックです。 ◎をつけてお勧め。

蚊取り線香

何という名称か忘れましたけど、コンセントに繋いで蚊を落とすやつ、あれだとコンセントの位置が遠すぎるので昔懐かしい蚊取り線香を買ってみました。
窓の外に蚊取り線香を置いて火をつけると、なんだか懐かしい煙のにおい。
・・・・・・・・ちょっとけむい。
と書いておいて「蚊取り線香の写真を撮って夏っぽくするべー」と思いデジカメ準備。
「こういう風に撮れたらいいなぁ」と思いつつシャッターを切る楽しさは、このブログをはじめてから気づいたこと。
撮影って結構面白い。
今回は蚊取り線香と、煙が漂うのを撮ってみたかったのですけど、煙とか線香の火がどうにも上手く撮れず。
なので今日は蚊取り線香の写真無し。写真撮るのって難しいですねー。