Archive for 2007年4月30日

ターナーデックと100均トランプ

昨日はBICYCLEを評価してみたわけですが、他の新品を漁ってみると案外少なく、これから数種類のカードを集めることにしました。
具体的にはストリームラインやアビエイターを考えています。
話しは変わって、僕はBICYCLEとBee、TALLY-HOを使っています。
昨日のエントリーで書いたBICYCLEは普通のRiderBackでしたが、僕が普段から使っているBICYCLEは「MASTERS EDITION」の方です。
触ってみて直ぐに今までのBICYCLEからMASTERS EDITIONに切り替えました。
ちょっと高いですが結果的にこちらの方がお得だと思いますし、品質もなかなかです。
また近いうちに使用感を書きますので。

上の写真左側2つが普段使用しているBICYCLEですね。
右の拳銃持ったおっさんが描かれているデック、これちょっと注目していたカードです。
このデック「Bee」なんですが、RichardTurnerによりプロデュースされたという、これまでのBeeより扱いやすさを高めたものだそうです。
まだ触っていませんが、これまでのBeeとの違いをまたレビューしていきたいと思います。
楽しみです。もう暫しお待ちを。
そしてもう1つの注目カード。
ずばり100均トランプです。
ターナーデックと同じ記事に書くと撃ち抜かれそうですが・・・・。
コスト面では他の追随を許さないこのトランプ、品質はどうなんでしょう?
こう、真面目に取り上げるのがちょっと間違っている気もしますが、いやいや、もしかしたら意外と使えるかもしれません。
紙製のスヌーピーと、プラスチック製のカードを用意してみました。
これもまた楽しみです。

カード別使用感 BICYCLE

色々なカードの使用感をメモしよう、の第1弾。

最初のカードは、みんな大好き「BICYCLE」

「BICYCLE Rider Back」

TVなどでマジックを観ていると大抵はこのカードが使用されています。
全世界でゲームやマジックに使用されており非常に信用されているカードと言えるでしょう。 フェイクカードやネタ物もこのカードで多く作られているので、カードマジックを始める人はこのカードを選択しておけば間違いありません。

このカードを作っているのはアメリカの「The United States Playing Card Company」、略してU.S.P.C.Cと呼ばれている企業です。 今や世界トップのトランプ製造会社ともいえるこの企業が設立されたのは1867年。
設立当初は起業した人達の名前を会社名にして、トランプではなくポスターなどを刷る印刷会社でした。
彼らがトランプを作り出しのは1880年代に入ってから。その後1894年にU.S.P.C社の名前になり、現在に至るまでに様々な企業を買収して拡大成長してきたのです。

U.S.P.C社のトップブランドとして今なお愛され続ける「BICYCLE」は、1885年から生産されてきた120年以上生産されているブランドです。 特定のカードゲームが遊び易いようなフェイスデザインのBICYCLEや裏模様の異なるBICYCLEなど、現在に至るまでにさまざまなBICYCLEブランドのトランプが作られてきました。
今も色違いやビンテージデザイン復刻版のなど色々な種類が数えきれないくらい販売されています。

一番ポピュラーでマジックによく使用されている「RiderBack」の価格は450~600円くらいです。
ダースで買えば1つ300円前後で購入できるため、消耗品ですが値段を気にする必要もないですね。

ケースは2012年現在、かつて裏模様の描かれていた面が写真のように変更されて広告が入るようになりました。
勿論これはマジシャンから反感を買いました。

ジョーカーは2枚。同じ絵ではありません。

スペードのAには女性が描かれいます。このデザインはOHIO製でもKY製でも特に変更点はありません。その他に「宣伝用カード」と、ポーカーのルールカードや数独が遊べるカードなどの「宣伝以外のカード」が大抵1枚入っています。

開封直後のすべり具合
「★★★★★」(5)
開封直後は若干滑りすぎると感じました。 ケースから出すとトップカードがサラサラと滑り落ちる感覚です。

裏模様の見た目
個人的に「★★★★★」(5)
マジック用として「★★★★★☆」(6)
白枠・上下左右対称と、マジックに適しています。 センターに自転車に乗っている2人の天使、四隅にもそれぞれ天使が描かれています。 Beeのように単純な模様ではなく、凝った模様で綺麗に見えるでしょう。
カラーバリエーションも多く、BICYCLEコレクションをしている人は多そうです。

今では「マジックといえばこれ」という模様ですね。

スプレッドのやり易さ、広がり具合
「★★★★★☆☆」(7)
開封後はサラサラしているため均一に広がってくれます。
インデックスが見えるくらいに広げようと思い、その思ったとおりの幅に広がってくれます。 カードの滑りもそれなりに長持ちし、多少の汚れや汗が付いてしまってもマット上でもテーブル上でも綺麗に広げることが出来ます。 ファン状に広げるのも綺麗にできますね。

[KY製]
KY製の場合、滑りが長持ちせず、早い段階でガサガサになりマットの上でも綺麗に広がらなくなってしまうものがあります。稀にそこそこ綺麗な滑りが長持ちするモノもあるのですが、品質がバラけていて酷い質のモノに当たってしまうと「開けて置いておいたら滑らなくなっていた・・・」なんて事も。

リフルシャフルのやり易さ
「★★★★★☆」(6)
開封直後はカットしてテーブルにパケット置くとトップカードがスーっと動いてしまいます。 シャフルして揃えてもトップ何枚かが動いてしまうくらいなので、慣らすまでは気になる程度。
シャフル自体は行い易く、通常のリフルシャフルもフォールスシャフル問題なくスムーズに行えます。
カード同士のくっ付くような質感は殆ど無いため、かみ合わせたパケットを揃える時も抵抗感なく楽にできます。

ファローシャフルのやり易さ
「★★★★★☆」(6)
カードによってかなり質の差がありますが、大抵のBICYCLEは簡単にファローシャフルが行えます。
ただし昔のカードに比べて、ここ10年ほどに作られたカードの場合、スムーズにかみ合う「向き」が変わりました。
パーフェクトファローもやり難いということはありません。

[KY製]
質的には特に変わっていませんが、裁断面が少し粗くなったのか、ザラつきが以前よりも増しています。

カードの硬さ
「★★★★★」(5)
程よい張りと弾力があります。
沢山のカードを触っているとBICYCLEは比較的柔らかいカードであることが分かります。かといって耐久性に不安のある柔らかさではなくて、程よい弾力を持った「丁度良い柔らかさ」です。
また、BICYCLEの場合、開けた直後と暫く使った後で硬さに大きく差が出ます。強い弾力を持ったカードの場合、慣らしてもあまり硬さに変化は無いのですが、BICYCLEは結構柔らかくなります。

[KY製]
かなり柔らかくなっており「ペラペラ」とも言えるレベルとなりました。耐久性にはあまり期待できません。

エンボス加工の有無

表面加工は「AIR-CUSHION FINISH」となっています。

何層構造か 3層構造になっています。

右側の写真はここまで扱ってきて(シャフルは大体8回くらいしたと思います)ナチュラルブレイクができるかどうかの写真です。 テーブルに置いた状態でナチュラルブレイクが分かります。 ブレイク部分からのカットが容易にできるまで、比較的短い時間で大丈夫そうです。
同時に、カードの質が手のコンディションや環境によっては大きく変わっていくカードとも言えると思います。

値段との釣り合い
BETTER!
まとめ買いであればワンデック300円前後ほどです。この品質でこの価格は破格です。

総評
今更ながら「質の良さ」を実感しました。
世界中で使用されているだけあって、手によく馴染んでくるカードです。柔らかく、滑りも良く、汚れさえ気にしなければ練習用として長く使える大変良いカード。使っていて安心できます。
表面のペタ付く感じは殆ど無く、フラリッシュにはもっと他のカードを使うと良いでしょう。
品質的な不満としては、やはり開封直後の「滑りすぎ」です。 リフルシャフルの後の揃える動作では、トップカードがスーっと前に動いてしまいます。 使っているうち慣れてきますが、最初は少々扱いづらい程度まで滑ってしまっています。
ある程度まで使い込めば丁度良い質になるのですが、丁度良い状態になってもその質がまた直ぐに変わってしまい、カードがヘニャってくる、滑りが悪くなる、と昔のカードと違って質の変化が早いと思います。

特に最近のKY製は一段と柔らかくなり、品質の劣化スピードが早いため練習用としても消耗が気になるレベルまでになってしまいました。
こういったBICYCLEの現状に対して不満に思うマジシャンは多いようで、BICYCLEに代わるスタンダードを作り出す動きも活発になりました。現在ではBICYCLE MANDOLINなどがメジャーですが、BICYCLEにちなんだコンセプトでデザインや品質にこだわったデックが数多く作られています。
そういった動きからも、このデックがマジシャンにとって非常に愛着の強いデックだと言う事がわかりますね。

USPC社にはそのへんを大切にして欲しいものです。

安い価格に良い質で、その質をそこそこ保ち、そこそこの耐久性を持ったカード。
カラーバリエーションも豊富ですのでマジックに使うにはもってこいのカードですね。 特に拘りが無ければこのカード一択で問題ありません。

れっつごーGW

GWは10連休です。
なんて言うと、キリキリ働いている社会人の方々から殺意がとんできそう。
大学が特別休講を入れてきたので超大型連休になっています。
でも暇なわけではないです。旅行とかも予定していません。バイトだし。
温泉とか行きたいですけどねー。
さて、GW中なので何か面白い事でも書きたいのですが、特に思い当たりません。
なので、いつかやってみたいと思っていた「カード別の考察」でもしようかと。
マジックで使用されるカードは本当に色々な種類がありますよね。
代表的なBICYCLETALLY-HOBee
どれもU.S.P.C社製のカードです。
大体450~600円くらいですが、より高品質で値段のお高いカードも数多く作られていますし、逆に値段の安いカードも大量にあります。
僕は触ったことありませんが、国産でカードマジックに使用することを前提としたカードも販売されていたようです。今販売されているかは分かりませんが。
カードマジックに使用するカードにはこれといって決まりごとはありません。
ですが「程よい滑り」や「弾力性」はマジックを演じる上でとても大切な要素になります。
僕は使うカードを一種類に決めているわけではありませんが、マジックをする人は使うカードを決めているのが大半でしょう。
しかし、もしかしたら今使っているカードよりも自分の手に馴染み、扱いやすいカードがあるかもしれません。
というのを建前に「色々なカードを触ってみてその使用感を比べてみよう!」というちょっちメンドクサイ事をやっていきます。
どのような点を比べるか、どこまで細かく見ていくかを決めなければなりませんね。
今考えているのは
①封を開けた直後のすべり具合(すべり過ぎるものが多いですよね)。
②エンボス加工(表面の凹凸)の有無。
③カード模様の見た目(かなり重要だと思います)。
④開封直後からシャフルしてどのくらいで「慣れてくる」か(僕の場合BICYCLEは4回くらいのリフルシャフルで慣れてきます)。
⑤スプレッドとファンのやり易さ、見た目の模様の綺麗さ(結構重要ですよね)。
⑥ファロー・シャフルのやり易さ(僕パーフェクト・ファローは上手く出来ません・・・・・パーシャルで比べることになるかも)。
⑦何層構造か(フェイクを自作する場合は気になるところ)。
⑧箱の作り
このくらいを考えています。
特にシャフルのやり易さは重要になってくると思います。
今のところ僕の中で「ベスト・オブ・シャフルしやすい」Beeです。
カードを扱うときは同じ環境で扱うので、手を洗い(キレイキレイ使用)手の油を落とし、爪は切って指輪などは外します。
途中手が汗でぬれた場合はタオルで拭き、なるべくカードを濡らさないようにします。
クロースアップマットは使用せず、木目のテーブルの上で扱うようにします。
マットを使用しないのは、普段の僕が演じている環境がマット無しだからです。
マットを用意してマジックをする時もありますが、直にテーブルの上でマジックをする方が多いですね。
マットを使用するかしないか、の話しはまた今度。
こんな感じでカードを比べていきます。
比べるカードは、部屋の中を漁って新品を探して見ます。
明日か明後日くらいにリスト書けるでしょう。
なかったら買うのでちょっと時間がかかるかな・・・・・。
とココまで書いていて、多分GW中に終わらないですね、コレ。
新品のカードが手元にある時ちょくちょく書いていく形になりそうです。
とりあえず明日はBICYCLEのライダーバック。

2回め・・・

2回休み。
・・・・・・明日こそは!

1回休み

今日のエントリーはお休み。
バイトのヘルプが入ってしまいましたので。
また明日~。