Archive for 2007年3月31日

Red Bicycle Gaff Deck

ちょっと前に購入した「Red Bicycle Gaff Deck」の封を切っていなかったので空けてみました。たかがGaff Deckのくせに4500円もしたのですよ。
中身はと言うと、結構面白いカードが全部で56枚。
DBカードやDFカードなど「普通のGaff」は入っていません。全部なんか変なカードです。
骸骨のキング、砕けたエース、指紋の付いたスペードの4、乾いていないインクを触っちゃったようなカード、ダイヤが13個ある「ダイヤの13」、ヘビースモーカーの部屋に1年くらい放置されたようなボロボロのカード、ファスナーの付いたカードなどなど。
見ていると「あ、これはこうやって使えるかも」と想像できて大変楽しいです。
ふざけたカードばかりかと思いきや、なかなか不気味なカードも入っています。
これとか。
一体何がモチーフなのか分かりませんが、普通に怖いです。
写真にはありませんが、Jokerもちょっと不気味です。
このGaffを使ったトリックを解説しているDVDがあるようですが、自分で考えるのも楽しいのでしばらくは購入しません。
色々考えていけるので何か面白いアイディアがあったら書きたいと思います。
以前からひとつのテーマを持ったカードトリックを考えていまして。
その中で「カードが死んでいく」という演出をどうにかしてやりたいのですが、この中の何枚かはこの演出にピッタリなのです。
骸骨の絵札や棺桶の中の骸骨を描いたカードも入っています。
いつか手順が完成したらここで現象を書きたいと思います。
やっと3月も終わり。ようやく大学が始まります。
正直暇を持て余していたので早く大学行きたかったんですよね。

猫ってどうして

2匹以上猫を飼ったことのある人は解るでしょうけど、猫って結構性格が違う。
それぞれの性格が普段からハッキリわかるくらいに見て取れる。
前の猫はこんなことしなかったなぁ、と思うことも多々ある。
だけど猫皆に共通しているものが「狭いところが好き」
これ、全猫共通だと思う。
チビさんも例外ではないわけで。
色々と狭い場所を見つけては、顔を突っ込んでいるのを見て「バカ可愛いなぁ」としみじみしているのですよ。
居心地わるそうなのに・・・

PCの中の

今日は自作のパソコンの話。
メーカー製パソコンを弄ると保証の対象外になりますけど、メーカーパソコンの無料修理やら何やらは、自作する人の場合自分でどうにか出来るので必要ないわけですね。
そして、自作だと頑張ればかなり安く作れる。
新しいパーツがどんどん出てくる中、ちょっと前のパーツを中古で買って組む。
まだまだ使えるし、仮に何かしらの不具合で動かなくなってもあまり手痛い出費にならない。
あと新しいパーツを組み入れたいときに直ぐに取り替えられる。自分で作ったPCですから。
どこか動かなくなったときにすぐバラして直せるし、お金があるならとんでもないモンスターPCも組むことが出来る。あまり必要ないけど。
メーカー製のパソコンを購入しないで自分で組み立てる場合、最低限の知識は必要だけどそれなりにメリットがあると思う。
まぁ、最大のメリットは組み立てるのが楽しいことです
要するに自作PCは、それを作るのが楽しいわけで。大きいプラモデルみたいな。
増設していく楽しみ、なんてマニアックかもしれませんけど、そういう楽しさはあると思います。
で、まだ3月ですが、これから先PC内部の温度が気になる季節がくるわけです。
最近はハイスペックな中身になってきているので温度も上がりやすく僕も気になるのです。
使っているケースは中の温度を表示できるのですが、これ、冷却魂が燃えるというか、中の温度上昇に過剰に反応するようになってしまう嫌なヤツなんです。
夏場は特に37度とか表示されると嫌で嫌で。
最近では30度超えるのも嫌になってきました。
そろそろ冷却の最終ウェポン・ミニ扇風機を探そうか。
まだ早いかな?

使用するカードの種類

マジックをやっている人は大抵カードマジックに使用するデックの種類を決めていると思います。一番多いのがBICYCLEでしょう。次点でTally-Hoかな。
一番使いやすくてどんなマジックにも適し、値段も安いですからでしょう。
僕は使うデックを一種類に決めていません。
主に使っているのは3種類。BICYCLEとTally-HoとBee
と言っても、3つのデックを拘って使い分けているのでもなく、単にそのときの気分で違うデックを使いたいからです。
「何でBee?」と思われる方もいるでしょう。カードが白縁ではないので、どちらかと言うとマジックにはあまり適さないカードです。
ですがこのカード、とにかく扱い易い。シャッフルしたときなんて手に馴染む馴染む。
人それぞれでしょうけど、僕の場合一番扱い易いカードがBeeです。
扱い易さでは一番のBeeですが、マジックをしようとすると結構弊害もあります。
密かに一枚ひっくり返して・・・なんてすぐにばれてしまいます。
でもポーカー・デモンストレーションなどでは特に活用できますし、セカンドディール、ボトムディールはやり易い。
Beeの白縁があるデックもありますが、なんか邪道です。Beeぽくない。
BICYCLEとTally-Hoは全体的にやっぱり使いやすい。コストパフォーマンスに優れている。
もう躊躇無く破れる。
Beeの次に扱いやすいのがBICYCLE。Tally-Hoはそんなに使っていない。
7割方BICYCLE。たまにTally-Hoで渋さを味わう、みたいな感じ。
BICYCLEと一口に言っても今は沢山面白い種類が出てますから、そんなデックもよく使っています。GHOSTデックとか。
たまにずっと見ていると目が悪くなりそうな明るいBICYCLEも出てますね。どんな風に使えば良いのか・・・・。
僕がカードマジックをやる場合、前回と使っているカードはかなりの確立で違うものなのです。

Bill in ・・・

観客から借りたお札が消えてしまい、レモンを半分にすると突き刺さっている。
そんなかなりショッキングな現象のトリック「Bill in Lemon」
レモンの他にも色々なモノの中からサイン入りカードやお札をだします。
カードを大根の中から出す人も見たことがあります。
スリービングを使いこなしマジシャンでもハッとするような演技を行う、FISMミクロ部門チャンピオン、Carl Cloutierの演じる「Bill in Kiwi」。
「Bill in Kiwi」
マジシャンはルーティーンの最初にキウイを出現させ(Carl Cloutierらしい出し方してます)観客にプレゼントします。
色々とトリックを見せた後、観客からお札を一枚借りてサインしてもらいます
お札を小さく折りたたんでどちらの手の中に入っているか当ててもらいますが、観客は当てることが出来ません。
それもそのはず。お札は両手から消えてしまっているのです。
最初にプレゼントしたキウイを観客から手渡してもらい、ポケットからナイフを取り出します。
観客がずっと持っていたキウイを半分に切ると、なんとその真ん中に細長く丸めたお札が突き刺さっているのです。
観客に抜いてもらい紛れも無く先ほど消えたサイン入りお札であることを確認してもらいます。
よく見る手順として、
カードやお札が消える → レモンが出現 → ナイフで切ると出現
というものが多いですね。ラリー・ジェニングスはデック自体を投げてレモンに変える演出をとっていますし、前田知洋さんが東京堂出版「クラシック・マジック事典2」(松田道弘著)に解説を載せた「カード・イン・レモン」ではハンカチの中でデックをレモンに変えています。
この「Bill in Kiwi」では観客にずっと持ってもらっていたキウイを使っているので不思議さが高まっています。
「未開封の~~」とか「密閉された~~」から出てくるよりも、普段から見ているレモンやオレンジの果物から出てくるほうが見ていて楽しいようですね。
それにしても、この「Bill(Card) in ~~」というマジック、本物の果物を使っているのでかなり意外性があります。
視覚的な効果の他に果物の強烈な香りも効果を高めているようで、その香りと一緒にいつまでも観客の記憶に残るのだそうです。
僕も何回か演じたことがあるのですが、レモンを取り出した時点で「それはない(笑)」と笑われることがありました。ちょっと意外なものが取り出されると人間は笑うようです。
確かに普段からレモンを持ち歩いている人は居ませんからね~。
消えたお札が超熟トマトを叩き潰すと出てくるという「Bill in Tomato」はどうだろう。
ぐしょぐしょのトマト色に染まったお札をそっと返してくるマジシャン。
これもまた記憶に残りそうです。
キウイっていくら甘くても食べた後は舌がヒリヒリしません?